サッカーのフォーメーション・戦術を徹底分析!

日本代表監督に森保監督が就任してから1年が過ぎました。当初の前線の選手には堂安、南野、中島の3人が起用され、序盤は多くの勝利と縦に早いサッカーを繰り出したことから、日本のサッカーファンから大きな期待を持つこととなりました。そしてJリーグでは、バルセロナ下部組織育ちのFC東京所属、久保建英選手がリーグを圧巻しています。FC東京が首位であることも、久保選手の活躍が大きく影響していると言えます。ヴィッセル神戸はイニエスタ、ビジャらを獲得し、大金を使ってバルセロナ化を推し進めていますが、成績が大きく低迷しています。強力な選手を獲得しても、すぐにはチームが強くならないということを証明してしまいました。

 

FC東京は4-4-2、ヴィッセル神戸は4-3-3です。また、3-6-1を使うチームも非常に多く、Jリーグの戦術はポゼッションからカウンターまで、非常に多岐にわたるリーグなのです。そしてまた、クラブ資金が少ないチームほど3-6-1を使っていることも一つの特徴で、それだけ堅実かつ効率的に試合を運ぶことができるスタイルとも言えそうですね。

 

このように、サッカーのフォーメーションや戦術はチームによって大きく違うわけです。相手によって頻繁に戦術を変えるジュビロ磐田のようなチームもあれば、4-4-2のカウンターサッカーを伝統としている鹿島アントラーズまで、クラブチームの文化や歴史ニアで及んだ考察ができることも、サッカーの醍醐味と言えますね。

4-5-1システム

今や世界中のサッカークラブチーム、サッカー代表チームにて多く採用されている4-5-1システムについて解説します。戦術面で柔軟に対応できるところが、人気の理由の一つでしょう。


4-3-3システム

フィールドをワイドに使う4-3-3システムについて解説します。4-5-1システムとも良く似た特徴があり、人気のシステムです。


4-4-2システム

代表チームではイングランド代表が、Jリーグでは鹿島アントラーズが伝統的に採用しているシステムです。Jリーグ創世記の90年代は、4-4-2システムを採用するJリーグクラブが非常に多かったのですが、最近では採用するチームが少なくなったようです。


3-5-2システム

主にディフェンス面でのメリットが大きい3-5-2システムは、トルシエ監督がフラット3として採用したことでも有名で、2000年前後に大きく流行したシステムです。


3-6-1システム

中盤の6人にし、分厚い攻撃を可能のとする3-6-1システムについて解説します。中盤で数的優位に立ちやすいため、プレッシングサッカーに向いていると言えるでしょう。


3-4-3システム

攻撃に主軸を置き、フィールドをワイドに使う3-4-3システムについて解説します。日本では、ザッケローニ監督が得意とするシステムで有名でした。


スポンサードリンク